花後の手入

2010年6月18日(金) 曇りのち雨

 蒸し暑い朝でした、少し体を動かすと汗がジトーと出てきます、おまけに予想より早く10時頃から雨が本降りになってきて汗と雨で全身ずぶ濡れになりました、水もしたたる良い男???残念ながら・・・
 今朝はKGさんと私で軽トラックに2杯分の落ち葉を堆肥場に運び込みました、これに米糠と油粕を加えて発酵させると冬には良い堆肥になるものと期待しています。

 今朝はTG師匠による「花後の手入」について現地指導がありました。
 
画像

 
 ポイントは次の通りです。
画像


 株の下のほうは出来るだけ細枝や葉を整理して、風通しを良くしましょう、1m以上の株で葉が繁っている場合は地面から30cm程度までの葉をすべて取り除いても良いようです。

 2段目シュート処理については次の図をご覧下さい。
画像

 図にあるように脇芽を取り除くことはシュートをしっかりと育てる上で大切な作業です。
 できるだけ脇芽がでないように早めに処理したいものです、処理が遅れた場合で脇芽が小さい(ひげ芽)の時は、その芽の下でピンチすると脇芽はでません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック