「春の薔薇」第一幕のフィナーレ

2010年5月28日(金)晴れ
日差しは強いのですが、爽やかな風のお陰で気持ちの良い朝でした。
薔薇園では一番花が咲きそろい、いよいよ第一幕のフィナーレを迎えました。
今日も新聞社の取材がありました。
下のパノラマ写真の上にカーソルを持ってきて左クリックしてみてください、画像が大きくなり薔薇園の素晴らしさがよくご理解いただけます。
画像


この機会に花がらの切り方をおさらいしましょう。
一番花が咲いた枝の1/2を目安に5枚葉の5mm程度上で切るのが基本です。
フロリバンダの場合は、余りこだわらずに樹形を考えながら切ったほうが良いでしょう。
また、房咲きの場合は房の中の咲き終わった花を切って、房全体が咲き終わってから樹形を整えます。

5枚葉の上で切ると、その付け根から新しい芽が出てきて、品種によってはその先に花芽がつきます、これが2番花になります。
2番花を咲かせるかどうかは各自の好みですが、私は弱っている株については蕾を取って元気を回復させることにしています。

鉢植えの場合も花がらの切り方は同じですが、お礼肥は地植えよりも多少早く一番花の終わりかけのタイミングで施したほうが株の回復が速いように思います。自宅では有機系N-P-K=8-5-8を使います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック