四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の消毒

<<   作成日時 : 2009/09/25 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年9月25日(金) 晴

9月もそろそろ終わるというのに厳しい残暑でした。
今朝の共通作業は消毒です。
消毒液はマラソン、トップジンM,ダコニール、ニッソランMの2000倍液です。
木酢液グループは木酢液/ニンニク、焼酎/トウガラシ、アグリチンキ500倍液を使用しました。

TK師匠が作ってくださったポスターで病害虫を復習しましょう。

1.黒点病(黒星病)
  葉に黒い斑点がでて次第に広がり、やがて葉が黄色になって落葉します。
  6月から9月にかけて雨が多い時期に発生しやすく、一度発生すると勢い良く広がってすべての葉が落ちてしまうことも稀ではありません。
  特に花が咲き終わって、株が疲れているときには発生しやすいようです。
  病気にかかった葉は、株元に落ちたものも含めてすぐに取り除くのが原則です。
  万一、全ての葉が落ちた場合は軽く切り戻しをして追肥し新芽をだすようにします。
  無農薬栽培で一番苦労すのがこの病気です。出来るだけ雨がかかるのを避けるのが唯一の対策です。
  私はそこまでは出来ないので、出たら出たときと諦めて新芽に期待しています。
  木酢液信奉者の梶みゆきさんも「黒点は無農薬栽培の勲章」と開き直っているようです。 
画像


2.ウドンコ病
  葉や新芽、蕾が粉をふいたように白くなり、時には葉が萎縮する病気です。
  これがひどくなると生育は著しく衰えます。
  春、秋の湿度の高いときに発生しやすく暑い夏や冬の時期には発生しません。
  肥料のチッソ分が多いと発生しやすいようです。
  無農薬の場合はアグリチンキ(ハーブ等の植物エキス)が効果的との話があったので、今年は木酢液グループで試用してみました。それなりの効果はあるように感じます。
画像


3.害虫
  これは写真の紹介にとどめます。
  
画像

画像


バラの花が少ないこの時期、薔薇園を彩ってくれるのはコスモスです。
一重のキバナコスモスも青空に美しく映えています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の消毒 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる