四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の剪定

<<   作成日時 : 2009/09/04 22:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年9月4日(金) 曇りのち晴
多少蒸し暑さは感じますが、秋の気配が一杯です。
薔薇園の近くの栗林では栗のイガも大分と大きくなってきました。
8月はブログの更新をサボってしまい申し訳ありませんでした。
消毒液の内容だけまとめておきます。
盛夏の間はウドンコ病はあまり出ません、黒点病予防と害虫・ダニ対策が中心になります。
8月7日 オルトラン、トップジンM、ダコニール、ニッソランV
8月21日 マラソン、トップジンM、ダコニール
8月28日 マラソン、トップジンM、ダコニール、コロマイド

さて、今日は秋バラのための選定を行いました。
画像

目的は10月に美しく花を咲かせることです。
冬の剪定との違いは次の2点です。
1.剪定のタイミングが大切
   基本的には9月4日の前後4日間程度の間に剪定を終える必要があります。
   早すぎると気温が高いうちに花が咲き、小さく貧弱な花しか咲きません。
   逆に遅すぎると気温が下がりすぎては花つきが悪くなります。
   勿論、その年の秋の気候によって開花時期は変化しますが、今年の場合は師匠お二人が相談の上で9月8日までには完了しておこうと言うことになりました。
   種類によっても剪定から開花までの日数は異なります。
   早咲き種(40〜50日):ロイヤル・ハイネス、パパ・メイヤン
   中間種(50日前後):ジョン・ウォーターラー、清涼殿、ブラックティ
   遅咲種(55〜60日):マダム・ヴィオレ、ブルー・ムーン、金閣

   個人の庭では一株を二日に分けて剪定する場合もあります、そうすることで花を長く楽しむことが出来ます。
   鉢植えの場合は路地植えより多少早めに開花します。
   因みに、剪定が1日遅れると、開花は3日遅くなると言われています。

2.秋の剪定は、冬に比べて少し軽めにする
   HTの場合は全体の1/3程度を切り取るのが大体の目安です。
   FL,ER、原種系は軽く剪定し全体の形を整えて、混み過ぎているところの細枝を間引く程度にとどめます。
   HTの剪定位置は下の図を参考にしてください。
画像
   
   なお、今回の剪定でも、すべての枝に鋏を入れることを忘れないようにしてください。

 さあ、今晩は秋の開花の夢を見ることにしましょう。
 来週は芽だし肥料を軽く施す予定です。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の剪定 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる