四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ消毒を開始します

<<   作成日時 : 2009/03/27 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年3月27日(金) 曇
冬に逆戻りしたような寒い朝でした。
いよいよ今日から消毒が始まります。
今朝散布したのはマラソンとトップジンMの各2000倍希釈液です。
マラソンは主にアブラムシなどの害虫予防、トップジンMはウドンコ病予防を目的として散布します。
これらの薬品は一応安全性は確認されていますが、皮膚障害などの心配があるのでゴム手袋やマスク、眼鏡などの着用を心がけるようにしましょう。

散布方法は下のポスターの通りです。
ポイントは葉の裏面にもかかるように下から上に向けて散布することが大切です。
画像


薔薇の主な害虫と病気は以下ののポスターに示します。
画像


画像


画像


消毒に使う薬品は同じものを使い続けると、虫や菌に耐性が出来て効果がなくなるために公園では数種類の薬品を使い分けます。

なお、無農薬のトライを今年も3コーナーで試行します。今日は木酢液/ニンニク+焼酎/トウガラシの300倍液を散布しました。

薔薇園の周辺では早咲きの河津桜、大島桜に続いて、今は陽光桜が美しく咲いています。
これは天城吉野と台湾緋桜との交配品種で濃い紅色の一重の桜です。
画像


以前にもご紹介したので繰り返しになりますが、初めての方のために、この桜の由来を再録します。
出典はhttp://blogs.dion.ne.jp/8sakurakiaiko9/archives/6874684.html

「陽光桜」の由来・・・・
この桜を作り出された方は愛媛県「伯方の塩」の初代社長
高岡正明氏により台湾緋桜と天城吉野から作られた栽培品種、1981年稲苗法により登録されました。
高岡氏の若き日は青年学校の教壇に立っておられ、その当時如くも大東亜戦争が勃発し、高岡氏は校庭にある1本の桜の木の下で教え子達に向かって「お国の為に頑張って行って来い」と戦地に送り出しました。
しかし敗戦匡となり終戦を迎え教え子達は、僅かしか戻ってこなかったのです。
将来ある若き命を亡くした事に嘆き悲しみ、もうこのような戦争を起こすものではない世界恒久平和を願い新しい桜を作ろうと高岡氏は決心をしました。
それから年月をかけ失敗を繰り返しながら、新しい品種改良につとめ、そしてようやく新品種「陽光」が誕生したのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ消毒を開始します 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる