四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS 接木の様子は如何ですか

<<   作成日時 : 2009/02/28 11:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年2月27日(金) 曇り時々小雨

天の神様のいたずらでしょうか、共同作業日の金曜日は狙ったように雨模様の天気になります。
今日も小雨がちらつくので、予定していた芽だし肥の施肥は来週に延期としました。
特に作業も無いので接木の話で盛り上がりました。
皆様のお宅でも、切り継ぎした株はそろそろ芽が動き始めたと思います。
切り継ぎ苗は3月の管理が難しいので、我が家の様子を写真でご紹介しながらポイントをご説明します。
(詳細は来週薔薇園でポスターによる説明があると思います)

1.置き場所
  我が家では衣装ケース(コロ付き、特価398円!)に入れて、カーテン越しの陽があたる場所に置いてあります。
  時々は暖房を入れる部屋で、気温は最高20℃、最低5℃です。
  
画像

  置き場所については様々な意見があります。
  薔薇園のお二人の師匠は「低温派」、屋外で管理されるそうです。
  TK師匠によると「低温のほうがカルスが形成しやすい、また低温で育てた芽は丈夫との印象を持っている」とのことです。
  20℃前後での管理を勧めている本もあります。
  中庸を良しとする私は中間の条件を選びましたが、かえってどっちつかずになるかもしれません。
  来年は師匠にならって外の厳しい環境の中で育て、逆境に強い子供を育てようかと考えています。
  
2.現在(2月28日=接木から約一ヶ月後)の様子
  写真の通り、鉢によって芽の動き方が随分と異なります。
  
画像


 <キャプテン・ハリー・ステピングス(HT)>
  既に10cmほど枝が伸びて、葉もつけ始めました。
画像

  樹勢の強い品種とはいえ、すこし伸びすぎの感があります。
  ここで安心するわけには行きません。以前もこの後に一気にしおれて失敗したことがありました。
  失敗の理由は二つ考えることが出来ます。
   その一 接木部のカルスが形成しなかったため、穂木の力だけで一定程度までは成長したが台木と一体化できなかった。
   その二 油断して外気に晒すのが早すぎ寒さand/or紫外線によりしおれてしまった。

 <アブラハムダービー(ER)>
画像

   芽の動きとしてはこの程度のものが後の管理がしやすく、成功率も高いように感じます。
   (ここでは特殊な接木テープをつかっているために穂木全体をテープで覆っています、芽はテープを突き破って成長します)

3.3月の管理
  少しづつ焦らずに外気と太陽の光に慣らしてゆくことがポイントです。
  覆っているポリ袋に小さな穴を開けたり、ペットボトル法の場合は上の蓋を開けるなどすると良いでしょう。
  私は暖かい日中はケースの蓋をややずらして外気にゆっくり晒すようにしています。
  暖かい日が続くとケースの中が蒸れてカビが発生するので注意が必要です。
  また紫外線にも慣れさせる必要があります。
  曇天の暖かい日に外に出して弱い日差しに晒す、最初は短時間で徐々に時間を長くする方法が一般的です。
 
  TK師匠は「接木苗を覆いから解放して外に出すのは、八重桜の花が咲いた後」と仰っています。

ご参考までに、芽接ぎ苗と冬眠挿し苗の現在の様子も写真でご紹介しておきます。
 <昨秋にT字接ぎした苗>
   霜のあたらない南側の軒下に置いてあります。
   たぶん成功とは思うのですが、芽の出方が少し不自然です、もしかすると台木の芽が挿し芽を突き破って出てきたのではないかと心配しています。そんなことがあるのでしょうか???
   しかも成功したとしても名前が読めなくなってしまいました、とにかく不幸な生い立ちの子供です。
   
画像


 <今年1月末にForkert法で貼り接ぎした苗(成功例)>
   メルヘンヒロコ(HT)の芽が赤く膨らんできました。
   これを作出された北川洋子(ひろこ)さんに叱られないよう大事に育てることにします。
   
画像


<今年1月末にForkert法で貼り接ぎした苗(失敗例)>
   芽が膨らまず、黒く枯れてしまいました。
画像


 <休眠挿しの例>
  ピエールドロンサール(LCL)です。
  これの親木は退職時に頂戴した花束から挿し木で増やしたものです。
  今回成功すると2代目と言うことになります。 
  どこかの政治家と違って強く逞しい二代目に育ってくれるものと期待しています。
   
画像
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
接木の様子は如何ですか 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる