四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の薔薇

<<   作成日時 : 2009/02/07 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年2月6日(金) 晴、風がとても冷たい朝でした

 今日は石灰硫黄合剤の第2回散布(10倍希釈)を行いました。
 今朝のように風の強い日には余り使いたくない薬品です、どうしても散布する場合は風上から株の根元に吹きかけるように散布します。株の上部は2月末の剪定で切ってしまうので、高い枝の消毒はそれほど意味はありません。
 その剪定ですが今年は多分20日以降で実施することになりそうです。

 公園の薔薇園では蕾も葉もすべて取り除いてしまったので花は一輪も咲いていませんが、団地の庭などで時々寒風の中、凛として咲いている薔薇を見かけることがあります。
 このような薔薇は冬薔薇(ふゆさうび)と呼ばれ、俳句の季語にもなっています。
 「ふゆのばら」よりも「ふゆさ(そ)うび」の方が何となく響きが美しく素敵ですね。

 インターネットで冬薔薇の句を探してみました。

 「丈高し 月と遊べや 冬薔薇」
 http://plummet.shashin-haiku.jp/e11413.html
 
画像

 どういうわけか冬の薔薇は、剪定をせずに伸ばしっぱなしの、丈の長い枝の先っぽに咲いていることが多いですね。
 少しでも長く花を楽しみたいという気持ちは良く分かります、春の開花のために良くないことは分かっていてもつい咲かせてしまいます。
 楽しげに遊んでいる子供に「早く寝なさい!」と言うのと同じ気持ちでしょうか。

 次はメロドラマになりそうな句です。
「冬薔薇 一輪くれし 君いずこ」
画像

http://www.slownet.ne.jp/sns/circle/200709141150-1000001/bbs/200901121033-3000000
 百万本ではなく一輪だけの薔薇を恥ずかしそうに渡してくれた彼、彼は今どうしているのでしょうか。

 最後は私の思いつきの駄作です。
「凧舞いて 孫の歓声 冬薔薇」
 公園で孫と凧揚げを楽しんだ時に、近くの家の庭で赤い薔薇が一輪だけ咲いていました。
 この句は季語が二つ入っているので失格です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の薔薇 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる