四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋花のための芽だし肥

<<   作成日時 : 2008/09/12 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年9月12日(金) 晴れ
素晴らしい秋晴れ、日差しはまだ暑いのですが木陰で少し休むとスッと汗が引く、そんな素敵な朝でした。
皆さんの努力のお陰で秋の剪定は今週の火曜日までに全て完了できました。

9月の主な作業は次の通りです。
画像


そして今日の作業は芽だし肥の施肥です。
画像

化成肥料(8-8-8)を一株あたり一握り撒きました。
これは夏の疲れを癒し、活力を与えるための作業です。

うれしいニュースを一つ、薔薇園で人気が高かったナニワイバラが元気に復活しました。
昨年、移植した時に枯れてしまったのですが、挿し木しておいた子株が立派に育ってくれました。
この春には30cm程度のひ弱な株だったのが今は2mを超える大株になりました、来年の春が楽しみです。
画像


ナニワイバラの「チョットよい話」も私の個人ブログでご紹介したことがあります。
初めての方のために再録いたします。

「五月第一週、最も誇らしげに咲き誇っているのはナニワイバラ(難波茨)である。
 
 夏椿を思わせるこの清楚な薔薇は中国、台湾の原産で、日本では難波商人が持ち込んだことから難波茨の名で呼ばれている。

 写真家、松本路子さんが自著「晴れたらバラ日和」の中でほほえましい話を紹介している。
 松本さん自身も薔薇をテラスで多数栽培されているが、ある日散歩の道すがら、一軒の屋敷の垣根に咲いている白薔薇に眼を奪われた。その家の婦人から、この薔薇が難波茨であることを教えられ、彼女は挿し木用に一枝を所望した。
 後日、松本さんがお礼のため、この婦人を訪れたところ次の歌一首を渡された。

「野イバラの白き垣根美しと 訪ねくる知らざる女(ひと)に 一枝送る」

 世知辛い話の多い昨今ではあるが、これを読んだ時何か救われるような気持ちがした。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋花のための芽だし肥 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる