四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS お盆も明けて、オリンピックもそろそろ閉幕

<<   作成日時 : 2008/08/24 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2008年8月22日(金) 晴
 お盆が明けて、あの苛酷だった猛暑も少し和らいだように感じます。
 2週間ぶりの共同作業日でしたが雑草が生い茂っているコーナーもあって、先ずは草取りからということになりました。
 しばらく摘蕾しなかったのでフロリバンダや原種系の品種は多くの花をつけました。
 ここ数日夜の気温が下がったせいでしょうか、夏花としては色も形も良いように思います。
 下の写真は#50コーナーのラーバグルートです。
画像

 
 一方で残念なことに#32コーナーの大文字(スタンダード仕立て)が枯れてしまいました。猛暑と晴天日が異常に長く続き、しかも台木が年老いて水を吸い上げる力を失っていたためと思われます。

 画像さて今日の共通作業は写真の内容です。
 消毒はスミチオンとダコニールです。
 木酢液グループは木酢液、ニンニク&トウガラシエキス、ニームオイルを散布しました。

 秋花のための剪定講習は9月5日(金)に決定しました。
 栗のイガも随分と大きくなってきました、いよいよ秋近しですね。

 ところでオリンピックのメダリストが受け取る花束は美しい9本の紅バラで構成されています。
 報道によると、あの紅バラはコウシンバラだそうです。
 コウシンバラの英語名はChinese rose、文字通り中国原産のバラで長春花の別名もあります。
 日本で咲くコウシンバラはピンク系との記憶がありますが、表彰で使われたのは見事な紅バラなのでびっくりしました。雲南省昆明市から専用機で北京五輪草花配送センターに送り届けられて薬品処理を施され、7℃の冷蔵庫で保管されるとのことです。
 9本という数にも意味があって心力、永 を表しているとの記載がありました。
 バラの花束の本数について面白い記事を見つけました。
 http://www.geocities.jp/iwa_kaz/trap025meigui.htm
  「中国では「情人節」(パレンタインデー)には、男性から女性にバラを贈ることが多く、一本だけなら「あなただけに」、二本なら 「君と僕に」、十一本なら 「あなただけを一途に思う」(一心一意)、九十九本なら 「僕は君を永遠に愛す」となる。九=久、久がふたつで「永遠に」の意味を持たせる。」
 いかがですか、貴女なら彼から何本のバラを贈られるのが一番嬉しいのでしょうか、「贈られるなら百万本の薔薇よ」なんて言わないでください。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お盆も明けて、オリンピックもそろそろ閉幕 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる