四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS 虫も殺さぬ顔をして・・・

<<   作成日時 : 2008/03/23 13:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年3月21日(金)晴
画像 共通作業は殺虫剤(マラソン乳剤2000倍)の散布でした。
 この殺虫剤はアブラムシやハダニに効果があるとされています。
薔薇を愛する多くの人は優しくて「虫も殺さぬ顔」をされていますが、これからの季節は虫との戦いに明け暮れる日々となります。
 殺虫剤は虫が隠れる葉の裏にもタップリと散布するのがポイントです。
虫の方からしてみれば「虫の好かない奴!」ということになりますね。

 さて、今日使用したマラソン乳剤の主成分はマラチオンという有機リン系化合物です。中国製冷凍餃子で話題になった殺虫剤と同じ系統のものですが、これは比較的毒性、残効性は少なく日本の法律でも劇物、毒物ではなく「普通物」に区分されています。

 とは言うものも、決して安全な薬品ではありません。
 有機リン系殺虫剤は虫の神経系統に作用して虫を殺すものです。
 人間にたいしても当然同じ作用があります、また皮膚をかぶれさせたりしますので眼鏡、ゴム手袋などの着用は必ず守り、風向きに注意して他の方にかからないようにしましょう。

 自宅で使用される場合も散布場所に子供やペットが立ち入らないように配慮して、風向きなどを考え周辺の人家、洗濯物、ペット、玩具などに散布液がかからないように注意することが大切です。万一薬液のかかった玩具を小さなお子さんがなめたりしたら大変なことになりかねません。

画像 公園と言う公共の場所ではできるだけ農薬を使用しないことも必要と考えて、今年は手始めに3箇所のコーナーで「無農薬栽培」に挑戦することになりました。
 無農薬のポイントは「強い薔薇を育てる」「虫をできるだけ寄せつけない」の2点です。
 今回は「強い薔薇を育てる」のに効果があると言われている、木酢液200倍+キトサン500倍を散布しました。
 木酢液、キトサンについては改めて別の機会に御説明します。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
虫も殺さぬ顔をして・・・ 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる