四日市南部丘陵公園薔薇園から

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月、薔薇は新しい年を迎える

  作成日時 : 2007/12/25 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 薔薇の暦では12月が新年となります。
 ということで今月は大苗の植え付けや元肥やり、更に薔薇園のレイアウト変更まであったので移植の作業も大変でした。
 年明けの消毒作業の前準備として、残った葉をむしりとる作業もあります。
 暖冬のせいか瑞々しい葉が多く残っているために、多少気が咎める作業となるのですが、病気対策に効くとあっては止むを得ません。
 それにしても、とても休眠しているとは思えませんね。
 名残の薔薇もまだ美しく咲いています。この時期に膨らんだ蕾の枝を花瓶に挿すと、花弁がゆっくりと開き、随分と長く花を楽しむ事が出来るのです。

 「冬薔薇(ふゆそうび)」は冬の季語として、やや寂しい或いは痛々しい雰囲気を表す時に使われるようです。
 例えば「傍に 人無きあした 冬薔薇  吉見泰三」といった調子です。
 しかし実際の薔薇はこの時期も来年の開花に備えて、内なるチカラを蓄えているのです。何とも健気ではありませんか。
 


 画像

   なぜ君は
   この木枯らしに
   挑み咲く

   その花姿
   ひときわ紅く







 画像

 薔薇の棘
 そもお前は何のため

 一つは薔薇を守るため
 次には湿気を吸い込むため
 そして引っ掛け背伸びのため
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月、薔薇は新しい年を迎える 四日市南部丘陵公園薔薇園から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる